FC2ブログ
住宅インスペクション
- 2019/02/19(Tue) -
昨年の4月に改正宅建業法が施行されました。その中に不動産取引の際のホームインスペクション(住宅診断)斡旋の有無が追加されました。


中古住宅の売買時に、劣化具合や欠陥の有無、購入後にかかるメンテナンスやリフォームのコストなどについて住宅診断を行うものです。


欧米では当たり前の制度なのですが、日本ではようやく認められてきたところです。しかし普及に関しては制度の欠陥もあり、思うように行かないようです。これからの運用次第というところですが、普及すれば住宅の資産価値が、数十年後にはゼロになるということも避けられると思います。


資産価値のある住まいを建てることが、私たちにとって重要になってきます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日射取得
- 2019/02/18(Mon) -
今日は冬の北陸にしては珍しく晴れていました。春も近いように感じます。


車に乗って出かけましたが、太陽の日差しもあって、暖房ヒーターのスイッチを入れることも無く、たまに窓を開けて走っている車も見ることが出来ました。


住宅の場合も、冬の窓からの日射取得があげられますが、日本海側では曇天が多くほとんど期待できません。専門書を見ても、太平洋側を基準としていることが多く、あまり参考になりません。


それでも冬の太陽の暖かさは貴重です。冬の晴れ間のエネルギーを蓄えておくことが出来れば良いのですが…(^^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
運搬
- 2019/02/15(Fri) -
先日灯油について書きましたが、今日、日頃からおつきあいのあるお客さんのところに伺うと、石油ファンヒーターを使って暖を採っていました。


築30年以上経過している住まいなので、寒いのは仕方の無いことかもしれません。丁度伺ったときにファンヒーターに給油のサインが点灯しました。お客さんも80近い高齢の方で、給油も土間のところまで行き、10㎏以上するタンクを運搬しなければなりません。


今回はたまたま自分がいたので給油を手伝いましたが、高齢者世帯は築30~50年というお宅も多く、開放型の石油ストーブを使用しているお宅が多いのではないでしょうか?ポリタンクに灯油を満タンの状態で運搬するのも一苦労のはず。へたをするとケガをする可能性も…というか運搬できないかもしれません。


エアコンを使えば良いのですが、暖まる早さでいえばストーブにかないません。FF式のストーブを使えばこの点は解消されます。あと生活範囲の部分だけ断熱改修するのも必須でしょう。


ちょっとしたことですが、高齢化に伴い、このような問題がいくつも出てきます。我々もその問題の解消に努めなければなりません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
墨付け
- 2019/02/14(Thu) -
先日から木造物置の加工をしています。

P2140054.jpg

それほど大きな物置ではありませんが、以前から会社にストックしている木材も利用して大工さんが墨付けをしています。

P2140055.jpg

墨壺です。今このような道具を持っている大工さんも少ないかもしれません。自分自身も、大工をしていたときの墨壺は今でも道具箱の中にあります。



墨付けの基本は、木材の芯と陸墨(水平)を出すことです。それが理解できれば、あとは難しいことはありません。


20年以上前からプレカットにより、大工さんが木を刻んで家を組み立てるということは、めっきり少なくなりました。そのためか数坪のわずかな増築でも、墨付けが出来ない大工さんも増えています。


当社では新築の場合、架構の理由もありますが、大工さんの刻みが基本です。(自分自身も過去何棟か墨付けしました)
プレカットでも金額がそれほど変わらないという理由もありますが(^^;)


将来、指金(さしがね)も持っていない大工さんが登場するかもしれませんね。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
灯油
- 2019/02/13(Wed) -
冬場の暖房に欠かせないストーブやファンヒーターですが、灯油を熱源として利用しています。


この灯油ですが、燃焼するとき同時に同等の水分も放出するので、湿度が高くなります。しかし室温が燃焼のため上がっているため、空気中に含むことの出来る水分量も増えるので、結露も発生していない場合もあります。


単板ガラスの窓などは外の気温とそれほど変わらないので、室内の水分が冷えガラスに水滴がつきます。押入や暖房していない隣の部屋の壁なども結露している恐れがあります。当事務所の窓も結露している場合が多いです(^^;)


このようなことがあるので、ファンヒーターなどの開放型の器具は、あまり使わない方が建物にとっても良いのです。外排気型のストーブであれば灯油の水分は外に排出されるので問題ありません。その代わり、室内の湿度が気温の上昇とともに下がってくるので、空気が乾き健康上良くないことになり、加湿器を必要とすることになります。


就寝中は暖房器具を切るとは思いますが、その時間帯もある程度の室温を保っておかなければなりません。それを考えると、気密性と高断熱が必要になります。日本の木造住宅は構造的に通気性が良いので、外からの冷たい空気が入りやすくなっています。冷たい空気の侵入を防ぐために、通気を通気を止めなければなりません。


地球の未来のために省燃費の住宅を造らなければなりませんが、断熱技術の発展と超耐久性を兼ね備えた材料がどんどん出てきてほしいものです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ