FC2ブログ
年賀状印刷
- 2016/12/08(Thu) -
今日は曇りのち晴れ。冬の貴重な晴れ間でした。


今年もあと一月を切り、新年に向けての準備もしなければなくなり、慌ただしくなってきました。


年賀状の準備もそろそろするつもりですが、毎年会社の年賀状は印刷屋さんに裏面を印刷してもらい、宛名はこちらで印刷しています。プリンターのインクも準備しておかなければなりません。


いつも年の瀬ぎりぎりでポストに投函していますが、今年はもう少し早くできるようにするつもりです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リフォーム
- 2013/03/22(Fri) -
今日は晴れ。でも今朝の冷え込みは起きるときにちょっとつらかったですね。


今朝の新聞に住宅リフォームでトラブルが多発しているという記事が載っていました。


リフォームであれば、建設業の許可なども必要ないので、公的な資格がなくても簡単に事業が起こせます。いい加減な業者がいても不思議ではないということです。


リフォームをする方も、一生のうちにそう何度もあることではありませんので、どういう業者を選べばよいかわからないと思います。


業者を選ぶ際に皆さんは、ネットなどで調べると思いますが、過去の施工事例や、経営方針などを見てみましょう。そして実際にその施工事例などを見せてもらい、工事をされた方からお話を聞くのも一つの方法です。


それにしても、その記事では2階建ての住宅の全面改装で3千8百万円もの費用がかかった事例があったとと書いてありました。家の大きさがどれほどかわかりませんが、どれほど立派なリフォームなのか、ぜひ一度見てみたいと思いました。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
確認申請の様式
- 2012/11/02(Fri) -
今日は曇り。寒くなってきました。


建築確認申請の様式が9月20日から、少し変わりました。石川県のホームページから引っ張り出すと、延べ床面積の部分


備蓄倉庫の部分  蓄電池の設置部分  自家発電設備の設置部分


それぞれの床面積を記す個所が増えていました。災害に強い建物をつくろうという意識の表れだと思います。しかし蓄電池や自家発電設備などは、今後必要になってくるでしょうが、大きさも現在よりはもっとコンパクトになるはずです。


このような設備を住宅にも義務付けようという動きもあります。はたしてそれが良いかどうかはわかりませんが…


省エネの観点からいえば間違いはないでしょうが、今の生活様式も見直す必要があると思います。便利になりすぎて、人間としての機能が衰えないか心配です。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
管理建築士講習
- 2010/03/18(Thu) -
今日は朝から管理建築士の講習でした。


管理建築士とは、建築士事務所を管理する建築士のことで、1つの建築士事務所に、必ず1人必要な建築士です。


この講習は、耐震偽装事件の後、法改正を行い、建築士事務所のモラルを高めることなどを目的に、3年に1度必ず受講しなくてはならないもので、別途、建築士の講習も来年度中に受けなくてはいけません。


この講習も来年度中までに受ければよかったのですが、期限間近になると、申込者が殺到するので、早く受講するようにとの脅しが講習の案内に載っていました。それでは困ると思い、今回の受講に…。


90分の講義が3回あり、学生のような気分になりました。最後に終了考査があり、簡単なマークシートのテストを受け先ほど終了。


しかし3年に1度というのも、多い感じがします。天下り先が潤うだけのような気がして、しょうがないのですが。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
確認申請
- 2010/03/17(Wed) -
朝のうち、雪が少しだけ降りました。


今日午前中に、白山市役所へいき、増築工事の確認申請書を提出してきました。恥ずかしながら、実は昨日も行ってきたのですが、書類に不備な点が多数見つかり、今日書き直して再提出という具合です。確認申請を1回で通す人は、毎月のように申請しているか、よほど法に精通している人でないと無理なような感じが…


確認申請も、ここ数年で書式がガラリと変わり、去年と同じ書式でうっかり出してしまうと、全く受け付けてくれないことになります。図面にしても、チェック項目がたくさん増え、図面の中に文字がたくさん入ってしまうようになりました。


それにしても、姉歯さんのおかげで、確認申請がものすごく厳格になり、一字一句間違わないようにしないといけなくなり(ある意味当然のことかもしれませんが、実務者にとってみたらとても大変です)、少し前までは、そのおかげで住宅の着工戸数が減り、官製不況になってしまっています。


現在は、スムーズに運用されるように確認申請も取り易くなりましたが、増築工事では、かなり厳しいチェックを受けることになります。


確認申請がもう少し簡単に、できればと思います。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ