FC2ブログ
上司
- 2007/10/30(Tue) -
昨日、国会で防衛省の元事務次官が証人喚問を受けていましたが、
そのときに、『上の立場になるにつれてストレスがたまり、そのために業者との、
接待に明け暮れていた』ということらしいですが、上の立場に立つものほど
自らに厳しくしていかないと、いけないのだなと感じました。
私が以前、関西、四国で働いていたとき、そのとき一緒に働いていた上司を見て、この人のようになりたいと思った人が、何人かいました。
いずれの方々も、自らに厳しい人で、この人の下で働けたことは、今でもとても役に立っており、
感謝の気持ちを持っています。この人に出会わなければ、自分は全く成長していなかったのでは。
などと考えています。
大変な仕事、みんなが嫌な仕事を、人に押し付けるのではなく、自ら率先して、こなして行く。自身のことは棚に上げない。仕事をテキパキとこなしていく。叱るときは、叱る相手、そして自らも気持ちを律して叱る。
そういう人の評判というのは、社内外でも良いものでした。
防衛省の元事務次官も、良い上司に出会わなかったから、こういう人間になったのかなと思い、また、この人の下で働いていた人が、同じ過ちを犯さなければよいなと思います。
そういう私自身も、すでに上司のいない身分になっており、自分を厳しく律することが出来るのかなと、
日々思い、できるように努力して行こうと思っています。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
麦焼酎
- 2007/10/22(Mon) -
先日(と言ってもおとといですが)、工事をさせていただいているお客様から、焼酎を頂きました。




自分は酒好きだと言った覚えがないのですが、お客様との会話の中でそういう事を言っていて様な、ない様な…。(でも、ありがとうございます! ^^)




そういうわけで焼酎を、自宅へもって帰りました。焼酎ラベルを見ると分からない文字が書いてあります。




インターネットで検索してみると、釈云麦という麦焼酎で、文字は『アーク』と発音し大日如来を意味するとのこと。




色々調べてみると、焼酎を知り尽くした人の愛飲する焼酎らしい。そういうものを頂いていいのかと、ちょっと恐縮してしまいました。




早速呑んでみました。アルコール度数25度の強いお酒です。お湯割にしてみると、麦のにおいがします。横にカミさんがいましたが、『くさい…』のひとこと。わからなくてもいい。
このにおいがいいんです。




口に含むと、においとは違う、うまさが感じられました。




これから、じっくり味わいながら、ちびちびと飲んでいこうかと思います。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ポイント
- 2007/10/20(Sat) -
食事や、買い物に行くと、レジでよく『ポイントカードを発行しますか?』と聞かれます。あまりいかないと思うところでもつい作ってもらうことがよくあります。ところで、いま自分の持っているポイントはいったいいくら分くらいあるのだろうとふと思いました。
食事のお店、電気屋さん、本屋さん、クレジットカードなどなど、全部合わせると一万円分くらいはあるのではないかと思います。
日本国中で、すべての人たちのポイントを合算すると1兆円を超えてしまうのではないでしょうか。ちりも積もれば山となるという感じでしょうか。
消費する立場の人間にしてみれば、またそのお店に行こうと考えたりもしますが、お店の側、サービスを提供する側にとって見れば、そのポイントが経営を圧迫するなどということもあるのではないでしょうか?
私たちなどのような工務店などは、ポイントなどというものは馴染まないとは思いますが、こういう工夫も必要なのかな、とも考えております。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インテリアの色
- 2007/10/16(Tue) -
今日、インテリアカラーコーディネートの研修会がありました。


自分自身、インテリアや、色については、学校で少しばかり習った程度なので、少しでも身につくものがあればと思い受講しました。


会場に着くと、8割が女性で、インテリア関係は女性のほうが向いている証拠でしょうか。


講師の方の話の中で、インテリアの色についてきちんと理解できている人はほとんどいないとおっしゃっておりました。インテリアの雑誌を持ってくるようにいわれ、持っていったのですが、先生が私の横に来て雑誌の写真を指差し、『この色の使い方は、全くなっていませんね』といい、さらに『皆さんは絶対にこのような色づかいをしないように』とおっしゃいました。雑誌に載っているものは、すべて良いものだと思っていたので驚きでした。ちなみにこの雑誌の記事には、〔この色のキッチンにして家族は大喜び〕とかかれており、色彩感覚だけで決めるのは良くなく、全体の調和をみないといけないのだなと感じました。


授業はマンツーマンで指導してくれました。自分の番になると汗がだらだらとでてきて、先生が『暑いですか?窓を開けましょうか』と聞いてきました。しかし、ほかの人には寒いくらいなのに、汗かきな自分だけ汗をかいて恥ずかしい気持ちでした。


指導も先生がテキパキと教えてくださり、プレゼンテーションボードも自分がレイアウトしたものより、洗練された感じになりました。


最後に、全員のボードをひとつずつみていきましたが、みんなとてもセンスのあるものに仕上がっておりました。


この研修会で学んだことを、今後役立てるようにしていきたいと思います。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
渋滞
- 2007/10/10(Wed) -
昨日から、富山に仕事があるので朝6時半過ぎに出発して北陸自動車道を経由して、行っています。富山西インターで降りて、しばらく走ると富山ファミリーパークの前を走る道を通りますが、その道がとても渋滞していました。
高岡方面から富山へ向かう車がとても多いんだと気づき、また、富山と高岡を結ぶ道路はこのほかに8号線、旧8号線、県道など何本もあるのにどうして渋滞するのかと、思いました。
余裕を持って出たつもりが、仕事場所には何とかぎりぎり間に合いました。その前に行ったときは、時間帯でいうと日中にしか行ってなく、すいすいと走ることが出来たのに驚きでした。
以前、富山と高岡を結ぶ道は、充実しているけれども、南北に縦断する道が整備されていないということを聞いたことがあったので、意外な感じがしました。
ところが、富山を南北に走る道は、さほど車も走っていないということにも驚き、道路事情の難しさを感じました。
朝は余裕を持って出勤すれば一番良い。そう分かっていても、朝早く起きるのがつらい。毎度のことですが早起きは難しいものです。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
能登半島地震から半年
- 2007/10/03(Wed) -
今日、所要で能登まで行ってきました。途中能登有料道路で、3月に発生した能登半島地震で壊れた道路の修理が行われていました。工事箇所の前には、全部で8箇所のところで行われているという看板がありました。そのつど迂回しながら行きましたが、地震後半年も経っていながら爪あとがまだ残っているなと感じました。
道の脇には、『がんばっています能登』という看板が、あちこちに見受けられました。知り合いの金沢の大工さんも能登へ行って仕事をしています。復興は着実に進んでいるなと感じました。
能登は過疎化が進み、高齢の方の比率が年々高くなってきています。仕事がないというのもあるのでしょう。町役場の周りなどは、比較的にぎやかかと思いますが、ちょっとそこから外れると、荒れ果てた休耕田などがみうけられます。
しかし、帰り道、夕方の5時を廻っていましたが、道路の復旧工事は、残業をして、まだがんばってやっていました。『震災の復興、みんなでがんばろう』という工事をしている方々の気持ちが、こちらに伝わってくるようでした。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |