FC2ブログ
東京
- 2008/02/25(Mon) -
myounichikan.jpg
先週設計研修の為、東京へ出張しました。


研修場所は、池袋にあるフランク・ロイド・ライトが設計した明日館というところです。
そこは、築80年以上で、数年前に改修工事を行ったのですが、改修のときの工事金額が7億円強(坪当たり200~300万円)かかったそうです。ライトの設計は水平を強調した建物で、高さの低い入り口やそこから入ったところで、吹き抜けが広がる空間が特徴です。
このスタイルは安定感があり、自分もこの設計スタイルをマスター出来ればと思います。
ところでこの研修の時に以前勤めていた会社の先輩や同期の人と会ったのですが(二人とそのご家族の皆さんありがとうございました。)、話をしていたら、仕事やプライベートなどいろいろと参考になることがありました。
で、先輩や同期の家に泊まり、朝通勤電車の中で、人ごみにおされて大変でした。この路線は首都圏でも1,2位を争うほど混雑する路線で、先輩や周囲の人たちは、満員電車の中でも平気な顔をしていましたが、自分は目的の駅に着いたとたんに疲れがどっと出てしまいました。人や物事の流れのはやさとともに、人の強さも感じた東京での研修でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
作業(BlogPet)
- 2008/02/24(Sun) -
きょうひげくまと、道路事情っぽいマヒしたいです。
それできょう、ひげくまで自分っぽい作業したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
除雪
- 2008/02/19(Tue) -
今日は、石川県内も良い天気に恵まれました。
土曜日の夜あたりから雪が深々と積もりだし、日曜日の朝には会社の前は20cmほどの雪が積もっていました。


日曜日は、仕事があったので仕事が終わった夕方にスコップ片手に会社の前の雪すかしをしていました。
ところが、先日の雪よりも湿気を含んでいるせいか、スコップを持つ手の勢いがありません。半分過ぎたところで力尽き翌朝に続きをしようかと思っていたら、専務が朝早くに雪すかしをしていました。(お陰で助かりました。)
会社にも、フォークリフトがあり、積もる年には、その爪にバケットを取り付けて除雪を行っていますが、今年はそれほどでもないだろうと思い、バケットを取り付けていません。フォークリフトを除雪仕様にするには、そのほかにチェーンを着けたりなど1~2時間準備が必要なのです。
自分が小学生だった頃は、1日に30~40cm積もることなどざらにあったのですが、ここ20年
ほどはそいうこともほとんどありません。やはり地球温暖化の影響でしょうか?
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さしがね (BlogPet)
- 2008/02/17(Sun) -
ひげくまの「 さしがね 」のまねしてかいてみるね

先日カミさんに伸びたも遠い昔のにチョコが主流といいます。
さしがねはプレカットが少なくなり、現在そうできたもなかなか出てあり、平方根や立方根を求めることがわざわざ京都から講師を分からないものを求めようできたも遠い昔の角材が出来ます?
裏面に載ってあり、裏目に墨付けをとるのものに載ってあり、棟札の一つでいる今日はさしがね(寄棟札の四方になった感じです。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さしがね
- 2008/02/15(Fri) -
P2150045.jpg
先日カミさんに怒られて、バレンタイチョコがもらえないかと思っていたら、枕元にチョコが置いてあり、一人ひっそりと喜んでいる今日この頃です。



今日はさしがね(曲尺)の話をしたいと思います。
さしがねは大工道具の一つで、これにより家を建てるときの梁や柱、土台に墨付けを行います。最近ではプレカットが主流となり、さしがねもそういう使い方をすることが少なくなり、木材の直角や寸法を取るだけのものになった感じです。
さしがねには、表面と裏面があり、表面には普通の実寸法が刻まれており、裏面には、裏目という√2倍の寸法が刻まれています。これを用いて、丸太からどれだけの大きさの角材が取れるかが分かったり、平方根や立方根を求めることが出来ます。裏面にはもうひとつ丸目という目盛りが刻まれており、丸太にこの目盛をあてると円周がわかるというものです。裏目には、財・病・離・義・官・却・害・吉という文字が刻まれており、これは中国の占星術に由来し寺院建築や門、棟札の寸法をとるのに使われていますが、住宅ではあまり用いないものです。
このさしがねの裏目を使って屋根の隅木(寄棟の四方に伸びた棟木)の長さや角度を求めていきます。規矩術といいますが、返し勾配、隅中勾などというものを求めます。これを電卓などで求めようとしてもなかなか出てこないはずです。自分も何回か隅木の墨付けを行いましたが、今やってみろといわれてもまず出来ません。
規矩術の使い手は、現在そう何人もいないそうで、以前金沢職人大学校がわざわざ京都から講師を呼んできたと新聞に載っていました。
さしがねの基本的な使い方を分からないようでは、大工と呼べなかったも遠い昔の話のようです。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
セミナー
- 2008/02/12(Tue) -
今日午後から、住宅営業セミナーがありました。
受付で名簿を見ると、地場の有名な住宅メーカーの名前がずらりと並んでいました。会場には、背広を着た住宅営業マンらしき人が多数いました。(ちなみに受付には、カミさんの同級生がいました)
セミナーでは、大手住宅メーカーの営業の仕方で、今までと違う手法で業績を伸ばしているところや、インターネットの活用などを講義していました。講師の方は、『今日のこのセミナーをブログにかいてください』といっていたので、いま素直にそれを書いています。
このセミナーで印象に残ったことは、工事をするお宅の近隣の方と上手くお付き合いすることが大切であるということです。自分も頭の中で分かっていても、どのようにすればいいのかが分かりませんでしたが、多少のヒントは得たような気がします。


それにしても、連休明けは何かせわしない感じがしました。自分自身も、もう少しゆとりを持って仕事を出来たらと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
休日出勤
- 2008/02/10(Sun) -
今日は日曜日でしたが、日曜日しか仕事が出来ない現場があり、大工さん3人と仕事に行きました。


世間では3連休の中日のようですが、私たちのように仕事をしている人はたくさんいると思います。むしろ、一年を通して、盆、正月、土日祝日ときちんと休める人は少ないのではないかと思います。家で過ごしていても会社の仕事を自宅に持って帰ってなどという方も多いことでしょう。
私の親父が大工をしていた若い頃は、月の一日と十五日だけ休みをもらい、それ以外はずっと仕事に出ていたようです。建前(上棟)の時などは、今のようにクレーンなどがなく建て方も時間がかかり、屋根に始末が終わるまで、夜遅くまで、仕事をしていたそうです。
普段の日も、ノミやカンナなどの刃を研いだり、墨壷などを自分で作っていたそうです。
今では、ノミやカンナを使う仕事も少なくなりましたが、刃物をきちんと手入れしている大工さんもたくさんいるようです。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ょうぽてちがひげくまは(BlogPet)
- 2008/02/10(Sun) -
きょうぽてちがひげくまは派遣したかった。
それでひげくまと仕事場所へ展示したかもー。
それでひげくまはひげくまは秋分っぽい接客したいです。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2x4
- 2008/02/04(Mon) -
今日は2月4日なので、2x4(ツーバイフォー)について書きたいと思います。
ちなみにツーバイフォーの日は、日本ツーバイフォー協会が10月24日に制定しています。


私の住んでいる石川県では、ツーバイフォー(枠組壁)工法は他の地域に比べると、あまり普及していません。で、よく聞くのが、ツーバイフォーは北陸には合わないとか、柱がないのにどうして建つのか、などなど。
なぜそういわれたのでしょうか?私なりの考えですが、まだこの工法が、日本に入ってきたばかりの頃、今は無き地場の某ハウスメーカーが導入し、かなりいい加減な建て方をしていたからではないでしょうか。そのメーカーは軸組み工法でも細い材料ばかり使っていたので、考えられるかなと思います。それによってこの工法ではよくないという話が広がったのではないでしょうか。

普通に建てれば、高気密高断熱になり、耐震性があり、軸組み工法に比べると費用は安く済みます。もちろん軸組み工法も、設計の自由度が大きく、増改築も簡単など他にもメリットがたくさんありますが。

ツーバイフォーのリフォームは、わたしも工事を何度かしました。たしかに軸組み工法に比べると手間がかかりますが、適切なプランと補強を行えば、満足のいくリフォームが出来ると思います。

ツーバイフォー工法は、石川県の多くの人たち(違う人もいますが)が言うほどひどい工法ではありません。


この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
きょうはぽてちと注意する(BlogPet)
- 2008/02/03(Sun) -
きょうはぽてちと注意する?
それとも排気する?

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |