FC2ブログ
建ぺい率
- 2008/11/29(Sat) -
建物の計画で敷地面積に対する建築面積の割合を建ぺい率といいます。


住宅を建てることができる場所であれば、ほとんどの場所が、建ぺい率60%になっています。(住環境を良くするためなのでしょう)

この建ぺい率というのは、分譲されているようなところでは、さほど気にかからないとは思いますが、まちなかの住宅が密集しているところでは、建物の大きさを法律のギリギリのところまでとらないと狭くなることがあります。

それから特に注意しなくてはならないのが、増築するときです。カーポートなどは、一定の条件を満たせば、ある程度の大きさのものを建ててもかまわないのですが、部屋を増築するときには建ぺい率によく引っかかることがあります。

20~30年ほど前に建てられた一般的な住宅は、1階にリビングや水廻り、寝室をとるために広く、2階には子供部屋を2つほど設けるだけなので、2階の床面積が、1階の床面積の半分以下という間取りがとても多いかと思います。

そのため敷地のあいた場所に平屋(1階建て)の部屋を増築する場合、1階の床面積の合計が、大きくなるため建ぺい率に引っかかるということがあり思ったほどの大きさの部屋が取れない、ということがあるので注意が必要です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
記録するはずだったみたい(BlogPet)
- 2008/11/24(Mon) -
ひげくまは、記録するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は何の日?2
- 2008/11/22(Sat) -
今日11月22日はいい夫婦の日ですが、そのほかに大工さんの日となっています。
その理由は、日本建築大工技能士会が
 
①11月は国の技能尊重月間であること
②11月は十一月となり、表意文字化すれば士(さむらい)の月となり、技能士に相応しいこと
③22日は大工の神様・規矩術の神様といわれている聖徳太子のご命日(誕生日は不明)にあたること
④11月22日を図案化すると、11は2本の柱を現し、二十二のそれぞれの二は土台と梁または桁、十は間柱と貫を現して軸組の構造体となり、大工さんとの関係が密接なこと

によっています。
自分自身もこういう日があったとは、今日まで知りませんでした。
日めくりカレンダーを、朝めくってみると今日の行事欄に書いてあり、ふと思ったのが、’大工の日’ではなく、’大工さんの日’となっているのが、ミソだなと思いました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きのうは購読しなかった(BlogPet)
- 2008/11/17(Mon) -
きのうは購読しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あとから(いつでも)できる
- 2008/11/15(Sat) -
仕事をしていると、ほかの仕事が急に入ってきたりして仕事がなかなかはかどらないということが、自分自身よくあります。


そういう時、入って来た仕事が、わずかな仕事量で、後回しにしても問題ないだろうとその時は考えて、手を着けずにいたら、いつの間にか忘れていて、収拾がつかない状態になり、あとで慌てふためくことがたまにあります。

そういう時、仕事のできる人は、後回しにせずに先に片づけてしまうのではないでしょうか?


後からいつでもできることは、なかなかできない


特に工事の時は、工程があり順序どおりにしないといけないので、後からできると思っていても、気がついたら手戻りが発生し、簡単な仕事でも何倍もの労力を使うはめになります。

こういうことのないように気を引き締めていかないと。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界の王さん(BlogPet)
- 2008/11/10(Mon) -
ひげくまの「世界の王さん」のまねしてかいてみるね

言われていて天狗に王!!
だから偉大な人でしか見ることが言う言葉でしょう。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
世界の王さん
- 2008/11/06(Thu) -
言わずと知れた世界のホームラン王。


先ごろ監督を引退した王貞治氏ですが、大リーグマリナーズのイチローが、『偉大な記録を残した、人間としても偉大な人』などと述べておりました。

自分も野球に興味がなかった小さな頃から、王さん長嶋さんの名前だけは知っていました。それだけ偉大な人ですが、先日定期購読している月刊誌に王さんのことが掲載されていました。

王さんは『今まで自分の(野球の)技術が正しいと思ったことはない。』とおっしゃるのです。これまでに数々の大記録を打ち立てた人が言う言葉でしょうか。

さらに『学ぶ相手は自分以外のすべての人だ』と言われています。相手が目上でも下の人でも必ず学ぶべきものがある。というのです。

でも学ぶといっても簡単にはできません。人と話していても、同じ視点でしか見ることができない自分には、なかなか難しいものです。

王さんみたいな達観者だけがなせる技かもしれません。だから偉大な人なのでしょう。

自信を持つのはいいけれども、過信になって天狗になったらろくなことにならない。大工や職人の世界にも一生修行ということが言えます。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
転用(BlogPet)
- 2008/11/03(Mon) -
きょうは、ちょこは転用した?

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |