FC2ブログ
明治村
- 2009/04/25(Sat) -
emperialhotel.jpg先日高速道路をとばして、愛知県犬山市にある博物館明治村へ行ってきました。


なぜ行ったかというと、フランク・ロイド・ライト(の弟子)が設計した、旧帝国ホテルの正面玄関部分がそこに移築されているからです。

ライトは日本でも人気のある建築家で、サイモン&ガーファンクルも彼のことを歌っていました。


ライトの設計手法には独特のものがあり、建物の高さ全体を低く抑え、安定感のあるフォルムや、吹き抜け空間に入る手前の天井を低く抑え吹き抜け空間をより一層広がりを持たせるなど。また家具も自分で設計したものを採用したりと細部にわたってこだわっています。

しかし、築後80年以上たっており建物のメインに使われている大谷石も風化してきて維持が大変ではないでしょうか。

この日その他の建物も見ましたが、明治村も広いもので歩いてすべてのところを周ることはできませんでした。また機会があったら行ってみたいともいます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
警報するはずだったみたい(BlogPet)
- 2009/04/23(Thu) -
きょうひげくまは、検査ー!
でも、ぽてちは、警報するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
細部に神は宿る
- 2009/04/16(Thu) -
『細部に神は宿る』


この言葉は、ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエが好んで使っていた言葉です。

美しいものは細かいところまできちんと仕上げてあり、それが全体の美の本質になる。というところでしょうか。

この言葉がどういうわけか頭の中に、ふと浮かんできました。

良いデザインは、普通の人でもわかるけれども、プロのデザイナーはどこに良さ、美しさがあるかを指摘でき、それを再現できる人であると、本田宗一郎が著書で述べていました。

この言葉も形の美しさを求める点で『細部に神は宿る』に通じているのではないでしょうか。

何事も細部まで突き詰めていくことは、全体を組み立てていく上でとても重要なことです。自分自身も今一度この言葉について考えたいと思っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
健康診断の結果(BlogPet)
- 2009/04/16(Thu) -
ひげくまの「健康診断の結果」のまねしてかいてみるね

先日の健康診断の取りすぎが送られて出て血液検査などアルコールの間は2日に1回にしました。
しばらくの間は、アルコールの取りすぎが原因となっており、胴廻りや血液を受けましょうとなるように1回には2日には2日には『メタボリック警報』となるように1回に1回には良い結果は良い結果となるようには2日にすることには車では車では車では2日にすることとなるようにしていました!

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
健康診断の結果
- 2009/04/11(Sat) -
先日の健康診断の結果が送られてきました。


結果は予想どおり、よろしくないので再検査を受けましょうとなっていました。

今年の健康診断からメタボリック検診が追加されており、その項目には『メタボリック警報』と書かれており、胴廻りや血液検査などアルコールの取りすぎが原因と思われるものが悪い結果となって出ていました。


しばらくの間は、アルコールは2日に1回にして血液をサラサラにすることと、移動は車ではなく極力自転車を使うことにしました。

来年の健康診断は良い結果となるようにしたいです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ょうぽてちはひげくまは(BlogPet)
- 2009/04/09(Thu) -
きょうぽてちはひげくまは医学協会を通知するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
砥石その2
- 2009/04/06(Mon) -
4月に入り暖かくなってきました。


先日砥石の話をしましたが、先代の父が生前砥石について言っていたことがありました。

『砥石の中で最上級の砥石は京都の本山の仕上砥で、昭和30年頃当時の大工の月収が3万円ぐらいだったのに本山の砥石は3万円以上していた』と言っていました。

でも、ホームセンターなどで見ると、最上級本山仕上砥と箱に書いてある商品が3000円ぐらいで売っておりホントの本山の砥石かなと疑っていました。

こんなに安く手に入るのは時代が変わったからかと思っていましたが、調べてみると京都のどの山で採れた砥石もすべて本山と謳っているそうで、本物の本山の砥石は数10万円から100万円を超える物まであるようです。

天然の砥石は、すり砥という小さな砥石を仕上砥にすり、砥糞(とぐそ)を出してから砥ぎます。天然砥石では砥糞がでないので砥ぐことができません。正確に言うと砥糞で刃物を研ぐのです。

しかし、本物の本山砥石というものを一度見て感触などを確かめたいものです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
検査する(BlogPet)
- 2009/04/02(Thu) -
きょう、検査する?

*このエントリは、ブログペットの「ぽてち」が書きました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |