FC2ブログ
雨樋のそうじ
- 2011/03/31(Thu) -
今日も晴れ。今日で3月も終わり、明日から新年度、新学期です。


今日は、雨樋が詰まっているという、以前建てたお客様のところへ向かい、雨樋を点検に向かいました。


ハシゴと、樋の詰まりをとるための治具を片手に、軒樋の雨水を集めるところ(ジョウゴ)をはしごを上ってのぞいてみました。そうすると、いくつもの木の葉らしきものが泥と共に固まって、樋を詰まらせていました。それを取り除いて、樋にホースを使って水を流したら、うまく流れました。


近くに大きな木があるといえばあるのですが、その葉が屋根に積もるほど近くにあるわけでもないので、おそらく鳥が巣をつくるために集めたものだと思います。でも中途半端な大きさだったので、実際そこに鳥が生活をしていた形跡はないようです。


昔は、軒先の瓦と樋の間にスズメなどがよく巣をつくっていたそうです。今の瓦は巣が作りにくい形になっているので、巣が理由でといが詰まるということもほとんど聞きません。軒裏も昔のように、たる木をだしているわけでもなく、ボードを張って屋根裏の木を覆っているので、逆にいえば鳥たちにとっては、住みにくい世の中になったということも言えるかもしれません。


鳥が民家に巣をつくると、心も和みますが、そのフンの始末も考えないと行けないので、なんとも悩ましい問題です。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
砥石
- 2011/03/30(Wed) -
今日は午前中は雨。午後から天気が良くなってきました。


今日は午前中からバタバタしてしまい、思うように仕事が進みませんでしたが、午後一番に、リフォーム瑕疵保険の検査があり、それは滞りなく終了。これからまた書類の提出に四苦八苦しそうです。


ノミやカンナの刃を研ぐのに必要な砥石。
P3290023.jpg
写真は中砥(仕上げをする前に使う砥石)です。刃物の切れが悪くなったら、大体この中砥から研ぎ始めます。普通市販されているものは、厚さ一寸(3cm)ほどのものですが、中には3寸(9cm)の厚みの物を使う大工さんもいます。


最近ではノミを使う仕事も少なくなっていますが、砥ぎは一生という言葉も大工さんの中ではあり、毎日の仕事が終わったら、砥ぎを欠かさずする人もいます。自分が以前使っていた砥石も、3cmから5mm以下になり、今にも割れそうな感じです。


砥石もノミ用とカンナ用に分けて使う方がいいようで、針葉樹と広葉樹でも、カンナの刃の砥ぎ方が違うので、気をつけなければなりません。といっても広葉樹でカンナを使うことは、今ではあまり見かけなくなりました。


砥ぐ時には水を使わないといけないので、冬場は手がかじかんでしまいそうになります。


以前テレビでカンナ削りの名人の方が紹介されていましたが、仕上砥の段階で、納得がいくまで何時間も砥ぎ続け、おまけに刃先を顕微鏡のようなもので、きれいに砥ぐことができたかを確認しているのには、ビックリしました。それくらい研ぐのは難しいということでしょう。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
木は曲がる
- 2011/03/29(Tue) -
今日は晴れ。朝晩は冷えますが、少しづつ春が近付いているように感じます。


今加工中の住宅の木材。
P3290024.jpg
大工さんが一生懸命に墨付けしています。
P3290022.jpg
この材料は、輪島で天然乾燥させたものと人工乾燥させたものとが入っています。天然乾燥材は、完全に乾いているわけではないので、製材した時はまっすぐな木なのですが、加工段階で湿気を吸ったりしているのでどうしても曲がってしまいます。もちろん芯を持っている材料ということも原因ではあります。


材料一本一本のくせを見ないといけないので、大工さんも大変のようですが、やりがいのある仕事とも思っているようです。


乾燥している木材でも、材料として使わないでそのまま置いておくと、ねじれたり割れが入ってきてしまいます。そのため比較的ねじれやすい材種は、材料を積む時に一番下のところにおいて、重石をしてあげます。


プレカットなどの仕事の速いものは、人工乾燥材を使って、すぐに加工、すぐに運搬、すぐに建て方という方法をとらないで、加工した後しばらく放置しておくと、ねじれてしまって建て方の時に大変な目に遭います。


この材料も、建て方までの間に、割れたりねじれたりがあると思いますが、キチンと建てるようにすることが大工さんの腕の見せどこでもあります。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
墨さし
- 2011/03/28(Mon) -
今日は晴れ。今週はいい天気の日が多くなりそうです。


震災による住宅建材の混乱も少しづつですが、収まってきそうな気配です。


今日のタイトルは墨さし。墨つぼとセットになっているものです。最近はプレカットが主流になっているので、大工さんたちの道具箱の中でずっと眠っていましたが、今回久しぶりに大工さんが墨つけを行うのでを行うので、日の目を見ることになりました。
sumisashi.jpg
墨さしは竹からできています。芯を出す細い先の方と、その反対側は、文字を書く方になっています。文字を書く方は玄翁などでたたいて、頭をつぶして使っています。


写真の墨さしは、自分が以前使っていたものです。竹なので安く(または近所の知り合いの人の竹やぶからとってきたりする)、ノミなどで削ればまた新しく使えるので、便利な道具です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれから2週間
- 2011/03/25(Fri) -
今日は晴れのち雪。来週末は4月なのに寒さもまだまだ続きそうです。


東日本を襲った大震災から、今日でまる2週間。仮設住宅などの建設も進んでいますが、原発事故はいまだ出口が見えないようです。危険と隣り合わせで作業している人たちも不眠不休で仕事をしているでしょうから、疲れもピークに達していることだと思います。、


今朝ラジオを聞いていると、能登半島地震から今日でまる4年ということでした。まだ復興の道半ばというところですが、大地震が何年かに一度、日本のどこかで起きているというのは、つらいことです。


しかし、日本はこれまで何度もの苦境を乗り越えてきたのですから、きっと今回も日本中で力をあわせて復活すると信じています。自分たちも何か力になることがきっとあると思います。


ところで、現在作業場で加工中の木材ですが、今日も材木屋さんから、トラックで材料が入ってきました。
notohiba01.jpg
能登ひばの1尺2寸(36cm)の材料です。もちろん芯持ち材で、割れも少々入っていますが、材木屋さんが選りすぐってくれた材料です。化粧梁として使う予定です。建前が終わった後どんな感じになっているか楽しみです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まちなか定住
- 2011/03/24(Thu) -
今日は曇りのち雪。寒い一日でした。


午前中、取引先の建材屋さんが来て、木材から作った断熱材の説明をしてくれました。グラスウールの不足から、何かよいものがないか、いろいろ探してこの断熱材を見つけたようです。性能もかなり良いのですが、値段もやっぱり高い。(^_^;)


大地震の影響もあり、いろいろな建材も品薄状態で、特に構造用合板は全くと言っていいほど市場に出回ってなく、システムなども、生産している工場が被災して、操業再開のめどがたっていないところもあります。改めて今回の大震災の被害の大きさが伝わってきます。


ところで、今日は午後から、金沢市の主催でまちなか定住の説明会がありました。金沢市中心部に人を住まわせてにぎわいを創出することを考えているようです。とくに、県外や市外から金沢市に入って来る人には、助成制度が充実しているようです。


まちなかは、準防火地域になっているところも多く、窓や外壁に厳しい規制がかけられているので、建築費が割高になることがありますが、助成金が200万円~300万円ほど出ます。また、中古住宅を購入しても、そのリフォーム代金の一部を助成する制度もあります。


当社でも3年前にこの制度を利用し、お客様にもとても喜んでもらえました。気になる方がいましたら、4月からまた変更した制度になるので、金沢市のホームページでチェックしてみてください。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自粛ムード
- 2011/03/23(Wed) -
今日は雪のち晴れ。気温もあまり上がらず寒い一日でした。


11日の大地震の後、いろいろなイベントの中止や延期が決まっています。イベントだけならまだしも、個人単位での消費も自粛している方も多いと思います。


復興もまだ見えない時期なので、あまり派手に騒ぐのも何なのですが、サービス業に従事している人たちにとっては、この自粛ムードはとても辛いものだと思います。


プロ野球の開幕時期についても、いろいろ議論があるようで、高校野球(今日の選手宣誓は球史に残るくらいとてもよかった)とは違い、興業というものなので、セパ同時開幕がいいのではと世論と同様に自分も思います。


経済を回すためにも、特に西日本では、過度の自粛はやめるべきで、それが、まわりまわって震災の復興資金になるのではと思います。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
継手
- 2011/03/22(Tue) -
今日は曇り時々雨。今晩からまた寒くなるようです。


彼岸に入っているのに、寒さがまだ続くのは、被災地の方や、計画停電を受けている首都圏でも大変なことでしょう。でもこんなときだからこそ、被災地の分まで頑張って仕事をして日本を復活させなければいけません。


ところで、今現在当社の作業所で加工している木材ですが
daimochi.jpg
写真は梁と梁をつなぐ継手の部分です。最近はコンピュータによるプレカットの普及で、このような継ぎ手も見なくなりましたが、梁背が30cmを超えるようなものは、できればプレカットでよく使う鎌継ではなく、写真のような台持継や、金輪継などを使うべきかと思います。


木の家を長持ちさせる知恵というのは、継手や木材の種類など昔の人たちはよく考えたものだと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
首都圏では
- 2011/03/21(Mon) -
今日は曇り空。福島原発周辺では、放射能の雨に備えなければならず大変なようです。


昨日、横浜に住んでいる、前の会社の先輩に連絡を取ったら、日々の余震と停電で、とても大変だとメールをもらいました。首都圏では、計画停電で日常の生活や業務にも支障があるようですが、こちらに住んでいると、節電しても送電できないので、あまり協力できないことに歯がゆさを感じます。


一日も早く、復興と普段の生活に戻ることができるよう願っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
挨拶まわり
- 2011/03/19(Sat) -
今日も晴れ。朝の寒さはありますが、いいお天気でした。


被災地の方への救援物資も徐々に届きつつあるようですが、ガソリンなどの燃料不足があり、まだまだ行きわたっていないようです。金沢でも、今日からガソリンの値上げが行われ、スタンドには最高で20ℓまでの給油にご協力願いますと、張り紙がしてありました。


それでも、燃料不足ということにはなっていない分だけ、いいのだと考えています。


今日午後から、新築工事のお客様とご近所へのあいさつ回りをしました。しかし天気も良かったこともあり、出掛けている方も多く、しばらく時間をおいて、またあいさつ回りをしようということで、その時間の間に、付近の世帯一帯に、工事着工のポスティングをしました。


昔からの在所(村)ということもあり、各世帯家がとても大きく、また道路から玄関へのアプローチがとても長くて、普段のポスティングに比べると1.5倍から2倍くらいの時間がかかりました。道も迷路のようになっていて、グルグル回ってどこにいるのかわからない感じがしました。


その後、再びご近所を回ると、家の方もおられて、無事あいさつ回りも終了しました。


今日は、たくさん歩き回ったので、少しくらいは痩せてくれてもいいと思うのですが、残念ながら多分変わっていないことでしょう。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
県産材
- 2011/03/18(Fri) -
今日は晴れ。気温も昨日に比べたら僅かばかり暖かくなりました。


白山もきれいに見えました。
mt-hakusan.jpg
被災地でも晴れていたでしょうが、このような景色を見ることができないと思うので、心苦しい気がします。


午前中、県庁にて県産材を使った家に対する助成金についての周知会がありました。今年度からでる新たな助成制度もあるのですが、住宅エコポイントなどを併用できないので、新制度は正直なところ使いにくい制度だなと思いました。


前年度も実施したものについては、また今年度もあり、10万円の助成があります。70戸の予定なので、それを超える応募があった場合については、抽選になるとの事です。


現在当社で加工している家の構造材は、100%県産材です。今日も柱と土台に使う能登ひばが入ってきました。
hashirahannyu.jpg
ひばの木は、湿気やシロアリに強く、ノミやカンナで削ると、とてもいい匂いがします。ねじれや割れが起きやすい欠点があったのですが、乾燥技術の発達で、その弱点を克服しました。


ひばで建てた家は、3年間蚊が寄り付かないといいます。ゴキブリもあまり寄り付かないようです。杉やヒノキに比べたら価格は高くはなりますが、住まいを長く持たせるということでオススメの木材だと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
墨つぼ
- 2011/03/17(Thu) -
今日も雪。寒い一日です。こっちの方は、まだ灯油やガソリンが無くなるという心配はないのですが、被災地では寒さの中、灯油もないため暖を取れず、そして、灯油を持って行こうにもガソリンがないので目的地にたどり着けないということらしいです。


被災地に一刻も早く春が来ることを祈っています。


ところで、今当社の作業場では、4月上棟予定の家の構造材を墨付けしています。墨付けに必要な墨つぼですが、
sumitsuke1.jpg
建築金物屋さんで買うことができます。しかし40~50年ほど前までは、大工さんが夜なべをして、自ら木を加工して墨つぼを作っていました。


墨つぼには、ツルや亀の形をかたどった彫り物が、墨を入れるところの周りに飾り付けてあります。縁起を担いだもののようです。形も写真のような丸みを帯びたものや、角ばったものもあります。


最近では、レーザーの光を使った機器もあるので、現場での作業は、墨を打つ手間がなくなった分、楽になってきているようです。しかし、木の墨付けや基準墨を出す時などは、墨つぼが絶対に必要になってきます。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
墨付け
- 2011/03/16(Wed) -
今日は雪。寒い一日です。被災地でも気温が上がらずに、しかも暖房設備もないところでの生活に大変なことでしょう。


原発の方も心配です。政府や東京電力の発表が右往左往して、大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。緊急事態であることには間違いないのですが…


ところで、昨日のブログでも書いていた、木の家。今日から、本格的に墨付けを行っています。最初に墨付けするものは、野物(丸太)です。これの寸法を把握しておかないと後で面倒なことになります。最近はプレカット加工で自動的に加工するため、丸太を使う家はほとんどありません。


当社では、先代社長が丸太を使うことが好きだったせいもあり、今でも大工さんが刻む場合は、梁に必ず丸太を使用しています。
sumitsuke.jpg
木の小口に十字を墨付け、直角を出します。あとは、通り芯、水墨(陸墨)を出して継手などの墨付けをします。墨付けの基本は、芯と水(水平)の墨を出すことで、それができれば、あとは仕口、継手の墨をするだけです。木の芯は、木材がねじれたり、曲がったりしていることがあるので、その曲がりに合わせて墨を打たなければなりません。


上手な大工さんは、墨糸をはじく時、少し緩めに糸を張ったり、ねじったりして、墨を打ちます。木は木の芯から寸法を追うことが基本です。木が一部痩せていたり、膨らんでいたりすることもあるので、木の面から寸法を追うことはできません。最近の木材は、加工がキチッとなっているので、面から寸法をとっても、あまり心配はないようですが。


昔の家はくねくねと曲がった地松を使っていたので、大工さんが木の重ね方を考えて加工していました。古い民家の吹き抜け部分には、何層にも渡って、見ごたえのある梁が掛かっています。今では地松も入手困難なので、できないのですが、力強い家を造りたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地元の家を、地元の大工、地元の木で
- 2011/03/15(Tue) -
今日は曇りのち雨。被災地では寒さがまだ続いているそうで、救助活動も大変なことかと思います。


朝自宅アパートから撮った外の風景です。
IMG_5236.jpg
普段、何気なく見ている風景も当たり前だと思っていたのですが、被災地では、当たり前でなくなっていることに胸が傷みます。


しかしそういうことばかり言っていても、どうにもなるわけでもなく、被災していないところでは、頑張って日本経済を盛りたてないといけません。そうしなければ日本は本当にダメな国になってしまいます。


ということで、昨日当社の作業場に、輪島から来た住宅用の構造材が入ってきました。
zairyou01.jpg
地元石川県産材の杉です。梁などに使う材料で、天然乾燥材で、大きさも12センチ×36センチのものや直径24センチの丸太も入ってきました。
zairyou02.jpg
大工さんもマサカリ(手斧)を使って、丸太の皮むきをしています。大工さんも久しぶりの墨付け、加工なので気合が入っています。


昔だったら当たり前のことだったのですが、地元の木を使って、大工が墨付け、加工する。このことが、今ではまず見かけなくなっています。米松、米つがを使った、大工の技術も必要のないプレカットで建てた家が、現在のスタンダードになってしまっています。


昨日の流季の会で、講演していただいた神奈川県厚木市の民家工房常栄の山本社長も、地元で流季の家と同じコンセプトで建てた家に、自信をもって商売をしている雰囲気でした。自分たちもそれに負けなくらいいい家を建てていこうと思います。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地震から3日
- 2011/03/14(Mon) -
今日も晴れ。


大地震から3日経ちましたが、まだ連絡が取れていない地域があるようで、被害がどれだけ多くなっているのかわからない状態のようです。


テレビ画面の向こうの状況をみると、今こうして普通に生活できていることが、とてもありがたいことだと思っております。また、被災者に対して自分たちに何ができるのか、ということを考えてしまします。とりあえず義援金や、救援物資などを、日本赤十字社などを通じて送ることでしょうか?


これからさらに死者の数が増えるだろうと言われていますが、少しでも救助される方が増えることを望みます。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お見舞い申し上げます
- 2011/03/12(Sat) -
今日は晴れ。


昨日の大地震から一夜明け、被害の状況がだんだんとわかってきたようです。テレビやネットからの状況をみるだけでも、その深刻さが伝わってきます。


被災された方にお見舞いを申し上げます。また、東北地方にも友人がいるので、無事であることを祈っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日はイベント
- 2011/03/11(Fri) -
今日も雪。先ほど大きな地震がありました。金沢では震度3(正直そんなに強い揺れだとは感じませんでした)だったので、たいしたことはないのですが、宮城県をはじめとする東北地方から関東地方にかけては、かなり強い揺れがあったようで、マグニチュードも阪神淡路大震災の時よりも、ずっと大きな値を示しています。


津波もかなりの高さで来ているようで、10m以上というところもあります。首都圏に住む先輩たちや、青森県に住む同級生など、心配です。


ところで、明日は流季の家にてイベントです。
benkyoukai.jpg
地震に強い住宅を建てることも、この機会にお話ししようかと思います。


皆さまのご来場心よりお待ちしております。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今週末はイベントです
- 2011/03/10(Thu) -
今日は曇り時々雪。ここ数日、朝、車の上にうっすらと雪が積もっています。


今日は午後から、住宅紛争処理で第一人者の秋野卓生弁護士を招いたセミナーに行ってきました。建築トラブルの様々な事例を紹介しながら、工務店サイドで対処できることなどを教えてもらいました。


ところで、今週末土曜日、日曜日は金沢市旭町の流季の家にて、イベントを行います。
benkyoukai.jpg
ファイナンシャルプランナーによる住宅資金計画相談会です。


家を建てる時に、まず考えるお金のこと。新築、リフォームをお考えの方はもちろん、すでに建てられた方も、みなさんぜひお越しください。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寒い一日
- 2011/03/09(Wed) -
今日は雪。気温が0℃近くまで下がりました。


自宅のファンヒーターもそろそろ片付けたいと思っていますが、一体いつになることやら…。灯油をポリタンクに入れに行かないといけないので、何かと面倒です。そういえば、灯油を入れるポンプですが、使い方を知らない人が結構いるようで、そのようなことが以前テレビでも放映していました。
pump.jpg
サイフォンの原理を使って灯油を入れれば、楽にタンクの中に入れることができますが、小学生のころはひたすら灯油を入れるために赤い部分を押し続けていました。


この形は、昔から変わっていないようで、改良の余地がないくらい見事な製品なのでしょう。美しいかどうかは別として、機能と形がマッチしたものかもしれません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
しいのき迎賓館
- 2011/03/08(Tue) -
今日も曇り空。明け方雪が降っていたようで、屋根もうっすらと白くなっていました。


今日は市役所まで行く用事があったので、自転車で向かいました。用事が終わった後、しいのき迎賓館で、高専時代の先生である櫛田清氏が、米寿記念の個展をひらいることを新聞で見たので、見学に行きました。
shiinoki.jpg
迎賓館の中に入ると、案内板があるかと思いきや、特になかったので、階段を上りウロウロとしていましたが、結局1階の玄関左横で、やっていることに気が付きました。無駄な動きをしてしまいました。


櫛田先生の絵画は、金沢の街並みや建物を描いており、金沢の建物の美しさをとてもよく表現しています。昭和の時代の懐かしい建物も描かれており、見に来られた年配の方々も懐かしそうに見入っていました。


先生には高専の1,2年生の時に絵画や造形などを教えてもらいましたが、先生の活舌がよくないせいか、話が聞き取りにくかったことをよく覚えています。しかし自分たちが教えてもらった時も、すでに定年近くでその後も、後進のために指導していることには、頭が下がります。


みなさんも、お時間がありましたら是非しいのき迎賓館までお越しください。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花美し(なはうるはし)にて
- 2011/03/07(Mon) -
今日は曇り空。少し雨が降りました。


土曜日の晩、輪島まで一緒に行っていた、材木屋さんの余海さんと一緒に金沢駅前で飲みに行きました。鳳至木材の四住さんは、都合が悪くて来てもらえませんでした。


都ホテルの地下で、お昼に超大盛のカレーを食べたので、軽く腹を満たし、うちで工事をしていた和風バー花美しが先週オープンしたので、あいさつ代わりに行ってきました。
syouji.jpg
工事している時は、それほど思わなかったのですが、営業しているところに入ると、すごく良い雰囲気になっていました。さすが、笠島先生の設計だけあります。


ままに顔を見せると、一緒に来た余海さんを、思いっきり呼び捨てに名前を呼んで軽くあしらっていました。何度も顔を合わせているからできることなのでしょう。


ママもこのお店の内装をとっても気に入ってくれたようで、うちの大工さんも『こんないい木を使っているんだから、いいお店になるよ』とママを励ましたいたそうです。ムラモトの村本社長肝入りの材なので、カウンター材も柱も良いものが使われていると、大工さんも感じていたようです。


頑張っていた前の店を、大家さんの都合で出ていき、それからの苦労話で、ママも涙して話していました。思わずもらい泣きしそうでしたが、これからこの場所で頑張ってもらいたいと思います。あまり夜の街には出ないのですが、金沢でもこんないい雰囲気のお店はなかなかないと思います。


お店には、話が尽きなかったので、結局閉店時間を過ぎてからもいました。その後、自分はタクシーで帰りましたが、余海さんは、自分の帰る途中の片町でタクシーを降り、夜の街に再び消えていきました。おそらく明け方まで飲んでいたことでしょう。(^_^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カレー大盛
- 2011/03/05(Sat) -
今日は晴れ。久しぶりの良いお天気です。


今日は、木材の手配のため、2週間ぶりに再び輪島へ日樽産業の余海さんと向かいました。お昼ごろついたので、鳳至木材の四住さんに案内されて駅前の喫茶店に入りました。


カツカレーの大盛を頼んでみれば?と言われたので素直に大盛を頼んで見たのですが
curry4.jpg
上からの写真なので大きさが伝わりにくいのですが、チャンピオンカレーLカツの3倍くらいの量が入っていました。
curry3.jpg
ちなみに余海さんが頼んだ、普通盛はこれくらいの大きさで、Lカツくらいの大きさです。

curry2.jpg
食べてみると、中がご飯、カレー、ご飯、カレーと幾層にも重なっています。さすがにこれだけの量は、40歳になった自分にはつらかったです。結局3分の1ほど残すことになりました。学生時代なら楽に食べることもできたでしょう。


その後、木材の寸法や、仕上がり、納期などを打合せました。また輪島に来る時は、カツカレーの普通盛にしたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
物価の優等生
- 2011/03/04(Fri) -
今日も曇り時々雪。ほとんど積もりませんが、寒さがまだまだ続きそうです。


先日Facebookに登録しましたが、まだ使い方がよくわからないので、投稿したりすることに、少し躊躇しています。(^_^;)友達を作るには、いろいろと動かないといけないので、これから勉強していこうと思います。


ところで、今週に入りガソリンの値段が上がりました。年明けごろから比べると10円以上値上がりしているのではないでしょうか?中東情勢の不安と、アメリカの金融緩和の影響で余ったお金が、原油などの先物に行った様な感じです。


原油だけならまだしも、コーヒーも値上がりするようです。一日に3~4杯(インスタントがほとんど)飲む自分にとっては少し頭の痛いところです。新興国のコーヒー需要が多くなっていることも、値段が上がっている要因の一つらしいです。(それはそれでよいことかと思いますが、なんとも難しいものです)


木材もロシアから入ってくるものが、値段が上がってきているようですが、住宅のボードや外壁を貼る時に使う下地材は、30~40年ほど前の価格と、現在もほとんど変わっていません。物価の優等生といえば卵が思いつきますが、タルキ、ドウブチといった建築用の下地材も、物価の優等生になります。


これから、外国産材よりも、国産材を使おうという動きが、でてくると思いますが、自分たちもその動きに乗り遅れないようにしたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久々の雪
- 2011/03/03(Thu) -
今日は雪。昨日の晩から雪が少し積もっていました。しばらく天気が良かったので、久しぶりの雪に少し戸惑いました。でもこの雪も昼ごろには溶けてなくなってきました。


今日は3月3日ひな祭りです。カミさんのためにケーキを買ってこなければなりません。息子の恭丞の保育園では、すでにひな祭りの貼り絵をしていました。


夕方街中へ出ると、金沢歌劇座前の道路がとても混雑していました。何かイベントでもしていたようです。市役所の駐車場も、タイミングが悪かったせいか、駐車場から出る車で混雑し、その影響で入る車も渋滞していました。


明日もこんな天気になりそうですが、風邪などひかないように気をつけたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
書類の郵送
- 2011/03/02(Wed) -
今日は曇り。時々みぞれが降っていました。


昨日の夕方、セブンイレブンが石川県に誕生してから初めて入りました。そこで小腹がすいたので、『餃子まん』なるものを購入し、車の中で食べたのですが、車の中が餃子のにおいで充満し、朝車に乗る時もまだにおいが残っていました。おいしかったのですが、みなさんも気を付けましょう。


さて、住宅をリフォームして国から補助金をもらう、既存住宅活性化事業の郵送する書類を作成していました。書類自体の枚数はあまりありませんが、その書類を作るのに、かなりの労力がいりました。保険の加入、住宅の履歴情報の蓄積などなど。その保険会社や蓄積センターの方にも助けてもらいながら、何とか今日発送の準備ができました。
post.jpg
実はこの写真を撮った後、封をしているにもかかわらず、訂正しなければならない個所があることに気が付き、また封を開いて、新しく書き直した書類を差し込みました。ちなみにこの事業はリフォーム工事の4分の1を補助してもらうことができます。


これで、書類の審査も無事終わって、補助金が無事もらえるようになればと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
流季の家にてFacebook
- 2011/03/01(Tue) -
今日は霧雨状態。まだまだ寒さも続きます。


昨日の夜は、流季の家に会の会員が集まり、Facebookの講義を受けました。各自自分のパソコンを持ちより、ネットに接続し、Facebookを開きました。


最初にGメールを登録し、自分のプロフィールを入力しました。いろいろと手続きがあるので、よくわからないながらもなんとか登録できました。会の人たちも悪戦苦闘しながら、何とかできたようです。自分も余裕な感じでできたように見えますが、ひとりオロオロしながらやっていました。


結局いつもの時間より30分ほど長くなりましたが、Facebook上で会のみんなと友達になることができました。


講師の中屋さんから、1ヶ月で500~1000人の友達をつくって下さいと言われましたが、そんなにできるだろうかと少し不安です。まめにコメントを入れないといけません。Facebookなどいろいろなものが出てきていますが、追いつくのに必死です。(^_^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |