FC2ブログ
床下
- 2016/10/28(Fri) -
今日は曇りのち雨。肌寒い1日でした。


家の床下の空間は、住んでしまえば、まず目にすることのない箇所です。


以前は、床下に地面の湿気を上がらないようにするためのコンクリートは、施工していることはありませんでしたが、今ではコンクリートを打つのが当たり前になっているので、床下に湿気がこもることは、ほとんどありません。
PA270166.jpg
それでもやはり、床下の木(土台、大引、根太垂木など)シロアリなどの被害に遭う可能性もなくはないので、シロアリや腐朽菌に強いヒバやヒノキがおすすめです。


当社では、創業以来ずっと、在来工法の時は必ず、青森ヒバ(草槇)、能登ヒバ、ヒノキ、米ヒバなどを使用しています。こういうことをしているところは少ないかもしれません。


床下や、屋根裏、壁の中などは湿気を入れないようにすれば、建物は長持ちします。家を建てて、仕上げて隠れてしまうところはきちんとしておきたいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
足場シート
- 2016/10/27(Thu) -
今日は晴れ。いいお天気でした。秋も深まり、この時間になると外は真っ暗になっています。


新築中の現場で、昨日1階の屋根が葺き終わり、ようやくその上に足場を組むことができました。そこで早速会社のシートを張りました。
PA270165.jpg
保管場所がよくなかったのか、シートにホコリがついていました。後できれいにしなければ…


工事も順調に進んでおり、大工さんも外壁の下地を取付けているところ。もうしばらく天気が続けばと思っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
下地材
- 2016/10/26(Wed) -
今日は曇りのち雨。日中は少し暖かく感じました。


壁に仕上げ材を貼るときなどに、釘や木ねじなどで留め付けるための木材が必要になります。


化粧の木板、左官仕上げ材、ガルバニウム鋼板などには、木下地が一般的です。


その木下地にも、厚みが15mm、18mmなど、幅も60mm、40mmと用途によって変えています。材種も赤松、エゾ松などがよく使われていますが、当社の場合、新築住宅に限って言えば、県産材の能登ひばや杉を使っています。


特に能登ひばの場合は、シロアリに強く耐久性にも優れています。赤松などに比べて堅いため、大工さんも加工がしにくいこともありますが、釘などもしっかりと固定されるため、重宝します。
PA260146.jpg
どの木材でもそうですが、下地材は梱包を解いたらなるべく早く使ってしまわないとねじれが出てきます。そのあたり注意が必要です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頭寒足熱
- 2016/10/25(Tue) -
今日は曇り。夕方から雨がぱらついてきました。


これから冬に向かって、だんだんと寒くなってきます。暖房器具を物置から出した方もおられるのではないでしょうか?


最近はエアコンで暖をとっている方も多いでしょう。エアコンの暖房能力も以前に比べると格段に向上しました。一冬をエアコンだけで乗り切ることも可能です。(電気代は高くつくでしょうが…)


頭寒足熱という言葉があります。人間の体は頭部が冷えて、足下が暖かいと、気温が多少低くても快適になるのだそうです。床暖房はその点で言えば理想の暖房と言うことになります。


床暖房も電気式、温水式などの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。もちろん価格もやはりそれなりにします。それでも、理想の暖房なので付けた方がよいでしょう。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヒヤヒヤ
- 2016/10/24(Mon) -
今日は晴れ。いいお天気でした。


現在工事をしているところで、まもなく引き渡しの物件があります。


材料が特殊なために、納期が数日かかるのであらかじめ若干余裕を持って材料を発注しました。ところが今朝工事をしている大工さんから、数が足らないという連絡があり、発注しても間に合わないので、どうしようかとオロオロしていました。


現場に行って実際に数量を拾うと、今ある分でなんとか足りそうだとわかりました。こっちもヒヤヒヤしましたが、大工さんもヒヤヒヤしたことだと思います。実際、今日工事が完了した時点で、余った材料はありませんでした。


数に余裕を持って材料を入れたつもりでも、不安はつきません(^^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミリネジ・インチネジ
- 2016/10/21(Fri) -
今日は曇り。朝晩は寒くなってきました。


工事に必要な金物にボルトがあります。最近の住宅では、耐震補強のためにボルトを使うことが多くなっています。


土台を基礎に緊結するためのアンカーボルトや、ホールダウン金物など、切っても切れない縁です。


そのボルトにも、ミリネジとインチネジがあり、同じ径のものだと思ってナットをはめても回らないことがあります。ミリネジとインチネジではねじ山が違うためです。


インチネジは大工さんの間では分ネジ(尺貫法を使っている)になっており、3分(約9mm)は3/8インチのネジという風になっています。
PA210142.jpg
当社にも過去に購入したネジの在庫が少しばかりありますが、ボルトとナットとサイズが同じだと思っても合わないことがしばしばあります。


ネジサイズは、海外ではまだいくつか種類があるようで、日本に持ってきて合わせようとしても合わないことがある可能性もあります。


ねじ山は統一してもらえば、こちらも管理が楽になるのですが…

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸のこ
- 2016/10/20(Thu) -
今日は晴れ時々くもり。いいお天気でした。


大工さんの道具でよく使われている丸のこ。今は行っている現場では、加工している木が特殊なこともあり、丸のこの刃がすぐに切れなくなってしまいます。


そこで、丸のこの刃を何枚もまとめて購入し、作業に支障がないようにしています。丸のこの刃も購入するときに気がついたのですが、直径が2種類(165mm、195mm)あり、最近の機械では165mmが主流のようです。切断できる厚みはだいたい6センチぐらいです。


昔の丸のこも会社にありますが、今のものはデザインもよく、軽量、コンパクト。これからさらに機能も向上していくものと思われます。


丸のこも安全に使わないとケガをするので、注意が必要です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たたみ
- 2016/10/19(Wed) -
今日は曇り時々晴れ。過ごしやすい日が続きます。


最近は和室のある家が少なくなり、畳を入れる家も少なくなってきましたが、畳があると座ったり寝そべったりできるので心地よいものです。


畳床も昔は藁などでしたが、今ではシージングボードやスタイロフォームなどに変わり、重さも軽くなりました。


畳の値段も数千円から2万円ぐらいの幅であります。国産のい草を使うとやはり値段もそれなりにします。


畳は古くなったら裏返しや表替えなどをしますが、10~20年ぐらいのサイクルでするのが一般的のようです。


我が家にも畳を敷いた部屋がありますが、息子たちが食べ物や飲み物をこぼしたりして、シミになっているところがたくさんあります(^^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイナンバー
- 2016/10/18(Tue) -
今日は曇り。過ごしやすい日でした。


先日税理士事務所の担当者の方と話をしていたときに、納税の際にマイナンバーが必要になってくるという話をしていました。


社員はもちろんですが、登記などの際にお世話になる司法書士さんのナンバーも必要になるそう。


取引のある士業の方の番号は、念のため聞いておいた方がいいらしいです。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月曜日
- 2016/10/17(Mon) -
今日は雨のち曇り。雨もそれほど降りませんでした。


週初めの月曜日、今日から入る現場もあり、段取りであちこち駆けずり回っていました。とりあえず、今日はなんとかなったという感じです。


月曜日はいつもバタバタしています。新しく入る現場があれば尚更のこと。明日はもうちょっと余裕を持って仕事に挑みたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
柱養生
- 2016/10/13(Thu) -
今日はくもり。朝晩はすこし寒さを感じます。


柱を仕上げとしてみせる場合、工事期間中特に建て方の時、柱に手垢や傷がつかないように養生用の紙を巻きます。
PA130129.jpg
柱のかんな掛けが終わり、柱を養生します。
PA130128.jpg
以前は布海苔を炊いて、刷毛で柱に布海苔を塗り、養生の紙を巻きました。自分も中学高校の頃よく紙巻きの手伝いに駆り出されました。


今では、柱の見える真壁の和室も少なくなり、柱養生もすることは少なくなりましたが、柱養生があると、立派な家に見えます。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芯去り材
- 2016/10/12(Wed) -
今日は曇り時々雨。昼から少し強い雨が降りました。


現在加工している柱があります。杉の芯去り材(木材の芯が入っていない材)です。杉といえば芯持ち(通常は中心部分に芯が入っています)が当たり前です。少なくとも樹齢60年以上は経っていないと採れない木材です。
PA120116.jpg
年輪も積んでいてすべて赤身。最初に見たときは米杉かと思いました。これほどの材はなかなか出てきません。


外材であれば、芯去り材はよく流通していますが、国産材となれば尾州檜、青森ひば、秋田(能代)杉ぐらいしか思いつきません。


いい仕事をしたいと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暖房
- 2016/10/11(Tue) -
今日は曇り時々晴れ。昨日は少し寒く感じましたが、今日は過ごしやすい日でした。


これから、朝は冷え込みがよりいっそう厳しくなってきます。先日まで冷房を付けていたかと思ったら、あっという間に暖房が必要になってきそうです。


暖房も運転する前に、試運転などの準備をしなければなりません。エアコンならばフィルターの掃除が必要です。ストーブにしても、昨シーズンの灯油が残っていないかチェックしなければなりません。


暑さが一段落したと思ったら、秋の涼しさを感じずに、あっという間に冬になってしまいそうです(^^;)
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状
- 2016/10/07(Fri) -
今日は晴れ。いいお天気でした。


この天気も今日までのよう。せっかくの3連休もぐずついた天気になりそうです。


年賀状が各郵便局に配られているそうです。早いものでもう年越しの準備の話が出てきています。


今日は午後から経営セミナーを聴いてきました。能登のワイナリーの方のお話です。過疎化している能登に雇用を生もうとして、ワイナリーを経営しているそうです。未来のビジョンがしっかりと描かれていることには感嘆しました。


来週は少しばかり天気が良さそうです。デスクワークも含めてしっかりと進めていきたいとお思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風一過
- 2016/10/06(Thu) -
今日は曇り。午前中は少しばかり雨が降りました。


昨晩、台風が北陸地方に最接近し、夜9時頃40m以上の風が吹きました。観測史上最大だったようです。


今朝は、静かな朝になりましたが、路上には木の枝や葉、壊れた看板などが散乱していました。当社の現場は幸いにも、それほど被害を受けませんでした。


瓦屋さんや板金屋さんは、今日は大変だったと思います。当社でも、数件の台風被害の修理依頼が来ました。


今日はそれほど強い雨も降らなかったので、これだけですんだのかもしれません。週末雨が降るらしいので、また修理依頼が来るかもしれません。


いずれにしても、被害の復旧を全力でしなければなりません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風襲来
- 2016/10/05(Wed) -
今日は曇り。先ほどまでは穏やかな天気でした。


予報によると今夜台風が北陸地方に来るようです。風もだんだんと強くなってきています。


現場の方も足場のネットは、足場に巻き付けて、飛散しそうなものも方付けてきました。


今夜が風のピークのようです。天気予報に注意しながら過ごすことになりそうです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神無月
- 2016/10/03(Mon) -
今日はくもり。蒸し暑い一日でした。


10月1日は土曜日。この日は次男坊の通う園での運動会。親子そろって参加の競技もありましたが、カミさんに出場してもらいました。
一つぐらいは参加しないと行った意味もないので、保護者参加の綱引きに出場しました。
IMG_0198.jpg
小学生の長男に撮影してもらいました。結果は惨敗…うまく呼吸を合わせないと勝てません。


10月は神無月。すべての神様は、出雲大社に集う月だといわれています。


10月は、過ごしやすい日が続き、工事をするにも都合のよい時期です。11月中旬からは北陸では時雨れてくるので、この季節を上手に利用したいものです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |