FC2ブログ
正月休み
- 2016/12/29(Thu) -
今日で仕事納め。昨年以上に充実した年でした。


新年は5日からです。


みなさま、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状を
- 2016/12/28(Wed) -
今日は雪のち曇り。冷え込みました。


年賀状を投函しなくてはいけないのですが、今日ようやく宛名印刷をしたところ。


印刷設定を間違えたため、何枚もの年賀状が無駄になってしまいました。明日年賀状を交換して新たに印刷し直さなければなりません(T_T)


年内は明日まで仕事。新年は5日から仕事を開始します。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大火
- 2016/12/27(Tue) -
今日は雨。寒い日が続きます。


先日の糸魚川の大火。強風のせいか、出火からあっという間に燃え広がり、火事の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。


全国どこの都市も、旧の市街地は木造密集地域が多く、建物の不燃化が進んでいません。最近建てられた木造住宅は、不燃化も進んでおり、燃えにくくなっています。


建築基準法では、出火しても何分までは燃えないようにという風に、外装材や内装材を規定しています。市街地の防火地域や準防火地域などは、特に厳しい制限を設けています。


糸魚川の大火は、幸いにも死者が一人も出ませんでした。防災には、建物の不燃化もさることながら、地域のコミュニティも重要です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
階段
- 2016/12/26(Mon) -
今日は曇り時々雨。また寒さが戻ってきました。今年もあと1週間ですね。


2階建て以上の場合必ずある階段。階段の位置によって、1階と2階の関係がガラリと変わります。
P4150237.jpg


最近はリビング階段が主流になっており(自社の設計でも割と多いです)、空間のつながりやデザインとしても大切なポイントです。


階段は高さが変化していくので、平面図では読み取ることができません。断面を描き1階の天井や梁などが干渉しないか検討しなければなりません。


階段の側板(ささら)の加工は、工場でプレカット加工してくる物がほとんどです。しかし当社のように無垢板を使う場合は、大工さんの手で加工しています。ほとんどの大工さんは、ここ10年以上階段の加工などはしたことがないはずです。


今動いている現場の階段も、年明け早々にはかけられるはずです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬至なのに
- 2016/12/22(Thu) -
今日は曇り。暖かすぎるくらいでした。


今日は冬至。一年で一番日中の時間が短い日です。例年であれば日中の気温も一桁になるはずですが、南からの風が強くフェーン現象が重なったのでしょう。24℃にもなり、春の陽気のようでした。


冬至は太陽の南中高度も低く、影が長くなります。今新築中の家も、軒を深く出していますが、先日の快晴の日も部屋の奥まで光が差し込んでいました。


これからまた一日一日、日が長くなっていきます。それでも冬はこれからが本番です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
左官仕事
- 2016/12/21(Wed) -
今日は晴れ。気温も上昇し12月とは思えないほどでした。


明日は気温が二〇度を超えるようです。着る物にも注意しなければなりません。


この天気もあり、現在進行中の物件でも外壁の左官塗り壁工事が行われました。
PC210248.jpg
ひと月ほど前から左官屋さんにお願いしていたのですが、なかなか都合がつかず、ようやく今日下塗りをしてくれました。後日仕上げ塗りをしてもらう予定です。


左官屋さんも自分の知っている範囲では高齢化が進んでいます。左官仕事は、セメントやモルタルなど重たい物を運び、壁などに塗り上げていく仕事です。鏝仕上げも一人前になるには数年の期間が必要です。このようなこともあり、若い人のなり手が減り、今後の職人不足もさらに進みそうです。


しかし左官仕事がもっと増えれば普通の仕事より稼げるので、なり手は増えてくれるのではないでしょうか。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暖房器具
- 2016/12/20(Tue) -
今日は曇り。ここ数日寒さは緩んでいます。


それでも、これから本格的に寒くなるでしょうから、暖房器具も必要になってきます。


現在はエアコンを使っているご家庭が多いかもしれません。石油ストーブやファンヒーターは、灯油の水分がそのまま室内に放出されるので、暖房を消した後、室内が冷えた際に湿気が充満するので結露が発生してしまいます。


その結露が建物の寿命を縮めることになるので、注意しなければなりません。


一方エアコンなどは,湿気を室内に放出しないので、部屋を暖めた際、室内の湿度が低くなり、過ごしにくくなることになります。湿度を適度な値にするため、加湿器を使うことになりますが、暖房を消した後、部屋の湿度が上昇するのでこれも難しい問題です。換気扇等をこまめに回す必要があります。


室温がなるべく一定になるように断熱もしっかりとすることが大切です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
石膏ボード
- 2016/12/19(Mon) -
今日は晴れ。12月にしては珍しく良いお天気でした。


先日、ムラモトさんのセミナーにて、石膏ボードの仕様が変わることを知りました。今まで使っていた石膏ボードは角が直角(平ボード)になっていましたが、それが廃盤になり、最も流通している角が面を取ってある(Vカット)ベベルボードが流通することになるようです。


仕上げのクロスを貼る際に、ボードのジョイント部分にパテ処理をするのですが、Vカットにしてあれば、パテも埋めやすく仕事がはかどるようです。


当社の場合、新築では塗り壁がメインなので、Vカットのボードでは手間が増えてしまいます。何かと不都合が多くなるのですが、しょうがないことなのでしょう。


これから、大工さんにとってもボードの貼り方が変わってくるかもしれません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
積雪
- 2016/12/16(Fri) -
今日は曇り時々雪。今シーズンはじめての積雪になりました。


先日タイヤ交換を終えたばかりなので、雪道もそれほど困りませんでしたが、朝の通勤時はいつもよりも渋滞していました。今朝大工さんたちも慌てて自分の車のタイヤ交換をしたようです。


明日からは気温も上がりそう。早くこの雪も溶けてくれたらと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
タイヤ交換
- 2016/12/15(Thu) -
今日は雪のち晴れ。変わりやすい北陸の天候でした。


雪も降り始めてきたので、昨日車のタイヤをスタッドレスに交換しました。軽自動車なので、タイヤも小さく30分ほどで交換完了。


今日、タイヤを購入したタイヤショップで、タイヤの空気圧を測定してもらい、不足分は購入当初から充填してある窒素を詰めてもらいました。


交換したタイヤも3年が経過しており、来シーズンは買い換えなければならないようです。ゴムの減り具合もさることながら、通常でもゴムの劣化で3シーズンが、交換の目安になるようです。確かに最初のシーズンはよく止まり、よく曲がりました。


どちらにしても、今シーズン、平野部ではあまり雪が降り積もらないことを願っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フロア貼り
- 2016/12/13(Tue) -
今日は雨。それでも昨日よりもずいぶんと暖かく感じました。


現在新築物件で、床の仕上げ材を貼っています。
PC130238.jpg
杉の赤身部分だけを使用した無垢の床材です。安価なものであれば白太(辺材部分)が入っており、その部分は赤身よりも柔らかく、収縮が大きいため、仕上がった後の床材同士の隙間がどうしても大きくなってしまいます。


もちろん、赤身だけの場合も隙間ができることはありますが、長い目で見ればこの方が良いです。


無垢材の場合、材が反っていることがあるので、1枚1枚見分けながら貼っていかないといけません。その辺が大工の腕の見せ所です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歩道切り下げ
- 2016/12/12(Mon) -
今日は晴れ。貴重な晴れ間でした。


宅地に車を進入させるために、歩道部分を車道と同じ高さにするために、歩道を切り下げる工事が必要です。


歩道を切り下げる際、警察や道路を管轄する官庁に届け出をしなければなりません。切り下げる長さや、交差点からの距離など、法律上問題ないかを確認します。


住宅の場合は、市町村等で違いますが、おおむね切り下げ長さが最大で6mというところが多いと思われます。


また切り下げ部分にマンホールなどがある場合、マンホールの廻りを補強しなければなりません。


以前、大型トラックの進入を可能にさせるために、30センチほどの厚さのコンクリートを歩道に流し込んだことがあります。大型車が通る車道では、かなりしっかりとした路盤が造ってあるのだなと思ったものです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状印刷
- 2016/12/08(Thu) -
今日は曇りのち晴れ。冬の貴重な晴れ間でした。


今年もあと一月を切り、新年に向けての準備もしなければなくなり、慌ただしくなってきました。


年賀状の準備もそろそろするつもりですが、毎年会社の年賀状は印刷屋さんに裏面を印刷してもらい、宛名はこちらで印刷しています。プリンターのインクも準備しておかなければなりません。


いつも年の瀬ぎりぎりでポストに投函していますが、今年はもう少し早くできるようにするつもりです。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
図面
- 2016/12/07(Wed) -
今日は曇り時々雨。寒い一日でした。


リフォームをするときに、新築当時の図面があればとても便利です。20年ほど前までは手書きの図面も多く、A2版のトレース用紙に鉛筆やシャープペンで線を描き、青焼きで図面を刷っていました。


その当時の図面を普通のコピーで印刷しても、うまくいかないことがあります。FAXでその図面を送ると、真っ黒になることもしばしば…。最近はメールでPDFにして送信していますが、それでも図面をうまく読み取れないことがあります。


今ではCADが主流なので、データのやりとりも楽になりましたが、10年以上保存することを考えたら、データの破損も考えられるので、手書き図面の方が安心と言えば安心です。


でも、CADを使っている現在では、手書きの図面を描くのも大変です。その当時よくこんな図面が手描きで描けたものだと感心しています。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瓦屋根
- 2016/12/05(Mon) -
今日は曇りのち晴れ。冷え込みも緩んできています。


最近の住宅の屋根では、板金にしているところが多いように感じます。一昔前まではコロニアル(彩色石綿板)が主流でしたが、耐久性などの面から、板金が取って代わりました。


屋根と言えば瓦と昔は決まっていましたが、今ではそうとはいえません。しかし当社では、メインの屋根には耐久性の面から瓦(色は黒色)を勧めています。


黒瓦は、太陽の光が反射したときにとても美しく映えます。
PB300231.jpg
写真は曇りの時に撮影したもので、参考にはなりませんが、今工事中の現場近く市営住宅の屋根です。この近くに県営の団地もありますが、同じく黒瓦です。


金沢の旧市街地を、上空からみてみると黒瓦が多いことに気がつきます。最近は町屋も取り壊されて少なくはなってきていますが…


できればこの美しさを、後世にも残すためにも、皆さんに黒瓦を多く使ってもらいたいと思っています。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
不易
- 2016/12/01(Thu) -
今日は曇り時々雨。12月に入りましたが、少し暖かいくらいでした。


午後からセミナーがあり、新建新聞社の三浦社長の講義を聴いてきました。


その中で『不易』という聞き慣れない言葉が出てきました。不易流行という言葉があり、その言葉も恥ずかしながら初めて聞いた言葉でした。


不易とは、いつまでも変わらないこと、不変のことです。物事の本質をとらえているような言葉で、その不変を追求するのも大変難しいことです。


流行も表面的なものを追っていくと、後で廃れるもので、これは住宅を建てるときに対してもいえることです。私たち工務店側も、このことをしっかりと胸に刻んで仕事をしていかなくてはなりません。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |