fc2ブログ
確認申請
- 2008/09/15(Mon) -
先日テレビ番組『世界一受けたい授業!!』を見ていました。


その時に講師の先生が、建築の法律(建築基準法)の解釈の仕方をとても面白く説明していました。
『天空率』というものがあり、その方法を用いて建てたビルが、コマのように頭でっかちなものにできたりします。

この天空率は、もともと道路斜線規制というものがあり、以前はそのような建物は、認められていませんでしたが、規制緩和に伴い、(天空率を用いれば道路斜線の法律を適用しなくていいですよ。)ということになりました。

自分たちもこの天空率を用いて、敷地の3方向が道路の住宅をたてましたが、この天空率の図面を描くことが、地道な作業でとてもしんどい。専用のソフトもあるようですが、とても高価なもので、フリーソフト(JWCAD)でデータを打ち込んでいきました。

ところで、建築確認申請というものがありますが、以前なら建築士の資格を持っていた大工でも、平面図、配置図などを書くだけで、役所も建築確認を通してくれましたが、今となっては、図面や分厚い添付資料を作るだけでかなりの労力を使いますので、片手間でできるようなものでは、なくなりました。
大工で今も確認申請を出している人は、かなり立派な人だと思います。

実際工事中、確認申請で描いた図面は、半分以下の枚数しか必要がなく、意味のない図面をたくさん作っているような気がします。

耐震偽装問題後、確認申請もさらに厳しくなりましたが、役所の責任逃れを助長しているのでは?と思っています。(こんなことを書いたら、自分たちの出した確認申請が余計に下りにくくなったりして...)


スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<きょうは意味した(BlogPet) | メイン | 歯医者(BlogPet)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sougokensetsu.blog103.fc2.com/tb.php/104-abb240a4
| メイン |