FC2ブログ
引き戸
- 2018/02/21(Wed) -
二月も後半に入りました。それでも、相変わらずの寒さ。道路脇や屋根に積もった雪もなかなか解けてくれません。


住宅の各部屋の入り口には、ほとんどといって良いほど扉がついています。開きドアや、引き戸などが一般的ですが、自分がプランを考える場合、なるべく引き戸を取付けるように計画します。


引き戸の方が、扉を開ける場合体を移動させなくてもよく、扉に手が挟まれるなどケガの恐れも少ないからです。それでも、我が家のように小さな子がいるお宅では、引き戸も引き手部分を使わずに、両手で扉を押さえて腕を移動させて開けます。その場合、扉と扉の枠の隙間に手が入ってしまいケガをする恐れがあります。

うちの息子たちも、今までたいしたケガはなかったのですが、手を扉と枠に挟まれて泣いたことが(現在も)よくあります(^^;)


安全のために、締まる最後数センチのところでブレーキがかかり、ゆっくりと締まるソフトクローズというものもあります。注意しなければならないのは、開け閉めが頻繁にある扉や、乱暴な開け閉めをするところでは、数年で壊れてしまう場合もあるところ。
P2210059.jpg
写真は当社の事務所鴨居に取付けたバネのような金物で、しめる間際でブレーキがかかるようになっています。ホームセンターでも購入できます。息子たちの通っている園でもこのようなものが取付けられていますが、硬い物もあり、子供の力では閉めきることが出来ない扉もありました。


当社の扉の場合、最初は良かったのですが、金物の復元力が弱くなってきているのか、最近はあまり効果がありません。より安全に扉の開け閉めが出来る工夫を考えなくてはいけませんね。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<下水マス | メイン | スキー場にて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sougokensetsu.blog103.fc2.com/tb.php/2160-9e0c07f3
| メイン |