FC2ブログ
解体工事講習
- 2018/05/14(Mon) -
先週の金曜日、建物の解体工事登録講習を名古屋まで受講しに行ってきました。


これまでは、建築や土木の施工管理技士の資格を持っていれば、解体工事を請け負う際に特に支障はありませんでしたが、平成三三年度から、一定期間以上の解体工事の経験、もしくは講習を受けなければ請け負うことが出来なくなりました。


講習では、20年前に比べて解体工事の際に出る産業廃棄物の量は、工事量が増えているにもかかわらず、三分の一以下に激減しています。リサイクルやリユースの推進が進んでいる証拠です。


住宅の解体工事の際も、以前は大型の重機であっという間に解体していましたが、近年は室内の壁ボードを取外し、屋根瓦を取外し、分別解体してから骨組みを壊す方法になっています。


今後もさらに分別解体が進み、リサイクルされるものがさらに増えてくるものと思われます。建物も建てる際は数十年後の解体などは気にせずに造っていますが、今後は解体も視野に造っていかなくてはならなくなるでしょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<自宅学習 | メイン | 田んぼ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sougokensetsu.blog103.fc2.com/tb.php/2186-9a110ebd
| メイン |